脱毛前後の運動は控えるべき?

脱毛を行うにあたり、サロンやクリニックからいくつかの注意事項が案内されます。そのなかのひとつに、脱毛前後の運動を控えるようにとあります。これは、運動をすることによって体温が上昇し、施術後も体内に熱がこもってしまうからです。肌に優しい機材を使用して脱毛していたとしても、少なからず肌はダメージを受けています。そして、ほとんどのサロンでは、施術の際に冷やしたタオルなどを肌に当ててクールダウンさせます。しかし、施術後に運動をすると、クールダウンした意味がなくなり、体に熱がこもります。その結果、脱毛箇所が赤くなったり、かゆくなったりする可能性があります。また、施術後は毛穴が開きやすく、運動をして汗をかいてしまうと雑菌が毛穴から入りこみ、化膿してしまうこともあり得ます。このようなトラブルを避けるためにも、施術後の運動を控えるように案内しているのです。脱毛後に運動をするのであれば、最低3日は空けて施術箇所の赤みがひき、肌の状態が安定してからにしましょう。
そして、脱毛をする前に関しても、運動で汗をかくことは避けなければなりません。体が火照ったままで施術を受けてしまうと、通常よりも痛みを感じたり、炎症したりすることがあります。より安心、安全に脱毛を行うためにも、脱毛前後の運動は控えるように心がけましょう。